デモトレードがバージョンアップ!新機能のご紹介 2016/11/29



11月28日のお取引からeワラントデモトレードがバージョンアップし、新たな機能が追加されました!
そこで今回は新たに追加された機能についてご紹介させていただきます。

まだeワラントデモトレードのご登録をしていない方はこちらから。⇒ https://virtual.ewarrant.co.jp/

①注文方法の追加
これまでは指値、逆指値のシンプルな注文方法のみご利用可能でしたが、対象の銘柄に関する複数の注文を組み合わせたセット注文(IFD注文、OCO注文、IFO注文)が可能になりました。

IFD注文: 対象の銘柄の買い注文と同時に、買い注文が約定したあとの売り注文を発注することができます。
売り注文は、買い注文が約定されたあとに有効となります(買い注文が約定されるまでは「待機中」となります)。
一度の注文で新規購入と利益確定売りや損切りラインの設定を併せてできるので時間がない方にも便利です。
OCO注文: 対象の銘柄について、指値と逆指値を同時に指定することができます。どちらか一方が約定すると、他方は失効します。買い注文、売り注文どちらでも使用することができます。
売りOCO注文を活用すると、利益確定売りと損切りのラインを同時に設定することができるので、なかなか相場をチェックすることができない方でも安心してeワラントの取引が可能になります。
IFO注文: 対象の銘柄の買い注文と同時に、買い注文が約定したあとの売りOCO注文を発注することができます。売りOCO注文は、買い注文が約定されたあとに有効となります(買い注文が約定されるまでは「待機中」となります)。

※注文方法に関する詳細はeワラントデモトレード内「必ずお読みください」をご参照ください。

②オプションチェイン
それぞれの原資産について、満期日、権利行使価格別のeワラント(プット型、コール型)の情報を一覧で表示できる機能を設けました。
「12月満期の日経平均を対象としたプット、コールはどんな銘柄があるの?」
といった疑問を解決ができる機能になっています。特に同じ満期、同じ権利行使価格のプットとコールが左右に並んでいるので、両建てをする際の銘柄選びが容易になるでしょう。もちろんそのまま買い付け画面に移ることも可能です。

③銘柄比較シミュレーター
eワラントホームページ内にある銘柄比較シミュレーターへのリンクを追加しました。
対象原資産を決めた後に、ご自身の相場観に沿った銘柄の候補を選択する目安としてご活用ください。

(eワラント証券 投資情報室次長 多田 幸大)
* 本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本情報に基づいて被ったいかなる損害についても、eワラント証券は一切責任を負いません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。