eワラントの指値注文 2018/11/20



 eワラントの売買は指値注文によって行います。指値注文とは「○円以下の価格なら買う」、あるいは「□円以上の価格であれば売る」という上下限を指定する方法で、指定した価格より条件が悪い場合には取引は成立しません。eワラントは市場での取引のような板はなく、提示されている価格で取引に応じます、というマーケット・メイク方式を採用しています。

例えば、
① 買いの例
 販売価格(売気配)現値が10円のときに9円の買いの指値注文をした場合は、「9円以下なら買ってもよい」という条件を満たさないため即時に約定しません。この場合、取引の条件が満たされるまで一定期間(※)、注文は「約定するのを待つ状態」となります。その後、仮に販売価格(売気配)が9円まで下落し、指値の条件を満たせば約定します。

② 売りの例
 保有銘柄を売却したい場合は、売りの指値注文をします。例えば買取価格(買気配)現値が5円のときに6円の売りの指値注文をした場合は、「6円以上の価格で売りたい」という条件を満たさないため即時に約定しません。この場合、取引の条件が満たされるまで一定期間(※)、注文は「約定するのを待つ状態」となります。その後、仮に買取価格(買気配)が6円まで上昇し、指値の条件を満たせば約定します。

 eワラントの取引は注文の指値とマーケット・メイクの価格を比べて、お客様にとって有利になる条件で約定するベターフィルという仕組みになっています。例えば上記①の例で販売価格(売気配)が10円のときに11円の買いの指値注文をすれば、「11円以下なら買ってもよい」という条件を満たすので10円で買い注文が約定します。上記②の例で買取価格(買気配)が5円のときに4円の売りの指値注文をすれば、「4円以上の価格で売りたい」という条件を満たすので5円で売り注文が約定します。

 このようにeワラントの場合はすぐに買いたい場合は販売価格(売気配)よりもやや高めの指値を、すぐに売りたい場合は買取価格(買気配)よりもやや低めの指値を入れることで注文が約定しやすくなります。

※指値注文の有効期限は取扱金融商品取引業者によって異なります。

(eワラント証券 投資情報室次長 多田 幸大)
※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本情報に基づいて被ったいかなる損害についても、eワラント証券は一切責任を負いません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。