再度ボラティリティが急騰することを予想するなら? 2019/01/15



 eワラントの価格決定要因の1つに対象となる相場のボラティリティが挙げられます。他の条件を同一とした場合、ボラティリティが高くなるとコール・プット共に買取価格が上がり、ボラティリティが低くなると買取価格が下がります。

 ボラティリティ(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、価格が上下に激しく動く相場は「ボラティリティが高い」、相場に方向感がなく値動きが小さい状況を「ボラティリティが低い」ということがあります。有名なボラティリティの指標としては、日経平均のボラティリティを表す日経平均ボラティリティ・インデックス(日経VI)や、米国のS&P500のボラティリティを表すVIXというものがあります。

 ボラティリティは値動きの大きさを指すので、相場が上昇しているか、下落しているかとは別の話ですが、経験則的には相場は緩やかに上昇する一方で下落は急に起こる傾向があるので、下落時にボラティリティが急上昇することが多いように思われます。

 年末の株価急落を受けて、VIX・日経VIは一時大きく上昇しましたが、年始以降、株価が緩やかに回復する中で、いずれもやや下落をしています。今後、再度の相場の急変動を予想するのであれば、今のうちにコールやプットを仕込んでおくのも一手です。ボラティリティの上昇でも値上がりを期待できるかもしれません。ただし、相場が急変動せず時間だけが経過した場合には、時間経過による価格の下落により損失が発生してしまうことがある点には注意が必要です。

(eワラント証券 投資情報室次長 多田 幸大)
※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本情報に基づいて被ったいかなる損害についても、eワラント証券は一切責任を負いません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。