決算発表に合わせたeワラントの活用法2020/01/17

間もなく主要企業の決算発表シーズンがやってきます。決算発表を行った企業の株価は大きく変動する傾向があることから、決算発表を1つのイベントとしてeワラントで短期投資をしてみるのも一手です。今回は実際に決算発表を活用した短期投資のやり方を3パターン、銘柄の選び方も含めてご紹介します。①

ワンポイントアドバイス eワラントの売買価格差について2020/01/10

eワラントの取引手数料は無料ですが、販売価格(お客様の購入価格)と買取価格(お客様の売却価格)に価格差(以下、売買価格差といいます。)があります。特に、短期間での投資を前提とした場合には、お客様の損益に占める売買価格差の比重が大きくなることが考えられるため、

よくある質問:前日より株価が上昇しているのにコールが下落しているのはなぜ?2019/12/27

よくあるご質問例:日経平均株価が前日比で上昇したにも関わらず、日経平均コールが前日比で下落しています。これはどういうことでしょう?eワラントの取引時間は9:00から23:50までなので、国内の取引所が取引を終了した後もeワラントの価格は動いています。取引所が終了しているのにどうして価格が動くの?と思われるかもしれませんが、

日経平均が動くとeワラントの価格はどう反応するの?2019/12/20

投資を行うに当たってはどれくらい上がったら利益確定する、下がったら損切りをするといった見通しを立てることが成功のコツと言えますが、eワラントについてもそれは同じです。今回はその目安を知るために、「日経平均がいくら動いたらこのeワラントはいくら動くのか?」を知るための方法をご紹介します。

PCレシオが相場の過熱を示唆!年末年始は株安に要注意か?2019/12/13

eワラントHPで公開しているプット・コールレシオは、日本株または日本の株価指数を対象とするeワラントの取引のうちプット型(相場下落時に利益を狙うタイプ)とコール型(相場上昇時に利益を狙うタイプ)のどちらが多く売買されているかを示す指標で、プットの売買代金をコールの売買代金で割った比率として計算されています。そのため、

12月のリスクイベントにeワラントの活用を2019/12/06

本日12/6(金)にOPECプラス会合が行われます。前日の総会でOPECは減産幅の拡大に基本合意をしましたが、非加盟産油国を含めて実効性のある合意がなされるのかに注目が集まります。また、12/12(木)英国の総選挙も予定されています。実質的にEUからの早期離脱の是非を問う国民投票の形にもなっており、世界中から注目が集まっています。

eワラント関連情報の活用法2019/11/29

ここ数日は日経平均は高止まりの状況が続いていて、ここから指数や日本株全体を買いに向かうには難しい状況となってきています。ただ、個別株を物色をしてみると高値を更新している銘柄もありますし、相場全体よりも大きな値幅で動いているような銘柄もあります。今回に限らず、理由が分からないけれど大きく動いている銘柄があって、

「スプレッドeワラント」を使用した投資アイデア2019/11/22

11月11日(月)よりeワラントの新商品としてスプレッド eワラント(以下、スプレッド)の取り扱いが開始されました。既存の金融商品では十分に表現することが難しかった「やや強気」「やや弱気」な相場観のときにも使いやすい商品です。今回のコラムはスプレッドeワラントの具体的な活用法についてご紹介します。なお、

eワラントの新商品「スプレッドeワラント」2019/11/15

11月11日(月)よりeワラントの新商品としてスプレッド eワラントの取り扱いが開始されました。既存の金融商品では十分に表現することが難しかった「やや強気」「やや弱気」な相場観のときにも使いやすい商品です。今回のコラムはこれらの商品の特徴についてご紹介します。なお、スプレッド

レバレッジトラッカーとは?2019/11/08

「レバレッジトラッカー」には対象原資産の価格が上昇すると価格が上昇するタイプの「プラス5倍トラッカー」と、対象原資産の価格が下落すると価格が上昇するタイプの「マイナス3倍トラッカー」の2タイプがあり、次のような値動きをします。プラス5倍トラッカー:一定のワラント数当たり∗の値動きが、

ニアピンeワラントとは?2019/11/01

多くの投資商品は相場がこれから「上がるか」「下がるか」を予想するのに対して、ニアピンeワラント(以下、ニアピン)は満期日に相場が「いくらくらいになるか」というように水準を予想するタイプのeワラントです。そのため、ニアピンを使えば、相場が上にも下にも値動きしない局面でも利益を狙うことができます。

10月末は両建て戦略を試すチャンスか?2019/10/25

日本時間10月31日は、未明(現地時間30日午後)にFOMCの政策金利発表が行われます。また、正午頃には日銀の金融政策の発表、午後には黒田総裁の記者会見が予定されています。加えて、同日はイギリスのEUからの離脱期限の日でもあります。様々なイベントが重なる10月末は市場の価格変動(ボラティリティ)が大きくなる可能性があります。

もうすぐ決算の季節がやってくる2019/10/18

間もなく主要企業の7-9月期決算発表のシーズンがやってきます。市場予想を上回った(又は下回った)決算発表を行った企業の株価は大きく変動することがあるため、決算発表を1つのイベントとして、損失限定のeワラントでハイリスク・ハイリターンの短期投資をするのも一手でしょう。一般的に株価が権利行使価格と同水準にあり、

クイズで覚えるeワラント第3回2019/10/11

eワラント用語をクイズ形式で用語を覚えましょう。答えは下部にあります。 問題1 イン・ザ・マネーの説明としてふさわしいものはどれですか? 1 コール型eワラントにおいて、原資産価格が権利行使価格を下回っている状態。 2 コール型eワラントにおいて、原資産価格と権利行使価格が等しい状態。 3

クイズで覚えるeワラント第2回2019/10/04

eワラント用語をクイズ形式で用語を覚えましょう。答えは下部にあります。 問題1 時間的価値の減少(タイム・ディケイ)の説明としてふさわしいものはどれですか? 1 コール型eワラントが原資産価格が権利行使価格を上回っている状態。 2 コール型eワラントの、原資産価格が権利行使価格以上になっている差額の部分。 3

クイズで覚えるeワラント第1回2019/09/27

eワラントのことをクイズ形式で覚えましょう。答えは下部にあります。 問題1 eワラントの価格を決定する要因の1つにボラティリティというものがあります。ボラティリティの説明としてふさわしいものはどれですか? 1 役に立つもの、効用。 2 時間経過でeワラントの価格が減少する額。 3 対象原資産の価格変動の度合い。

『eワラント・ダイレクト』の取引システムをご紹介③チャートと一括注文2019/09/20

9月2日よりeワラント証券で直接eワラントのお取引ができる『eワラント・ダイレクト』のサービスを開始いたしました。現在、新規口座開設を受付中です。口座開設はこちら 『eワラント・ダイレクト』の取引システムはeワラントの取引システムとしては世界最新の取引ツールで、

『eワラント・ダイレクト』の取引システムをご紹介②銘柄選びの参考ツール2019/09/13

9月2日よりeワラント証券で直接eワラントのお取引ができる『eワラント・ダイレクト』のサービスを開始いたしました。現在、新規口座開設を受付中です。口座開設はこちら 『eワラント・ダイレクト』の取引システムはeワラントの取引システムとしては世界最新の取引ツールで、

『eワラント・ダイレクト』の取引システムをご紹介①原資産の選び方2019/09/06

9月2日よりeワラント証券で直接eワラントのお取引ができる『eワラント・ダイレクト』のサービスを開始いたしました。現在、新規口座開設を受付中です。口座開設はこちら 『eワラント・ダイレクト』の取引システムはeワラントの取引システムとしては世界最新の取引ツールで、

中長期の上昇・下落を想定した投資アイディア2019/08/30

トランプ米大統領の発言やFRBの金融政策の変更などの影響で、8月相場はボラタイル(変動性の大きい)相場が続きました。短期的な取引を志向されている方であれば、eワラントを使ってその値動きを投資機会に変えることができたかもしれません。一方で、相場に張り付いているわけではないので日計りや短期的な取引はできないな~という方や、