再度ボラティリティが急騰することを予想するなら?2019/01/15

 eワラントの価格決定要因の1つに対象となる相場のボラティリティが挙げられます。他の条件を同一とした場合、ボラティリティが高くなるとコール・プット共に買取価格が上がり、ボラティリティが低くなると買取価格が下がります。 ボラティリティ(Volatility)とは、一般的に価格変動の度合いを示す言葉で、

満期受取金の計算方法2019/01/08

 明日2019年1月9日(水)は一部のeワラント銘柄の満期日です。そこで改めて、eワラント、ニアピン、トラッカー、レバレッジトラッカーの満期決済金額の計算式を確認しておきましょう。【eワラント及びトラッカー】 ○対象原資産が国内株式、国内株価指数、バスケット、為替リンク債、

リニューアルしたデモトレードのご紹介③チャートと一括注文2018/12/25

 12月10日に大幅なリニューアルが行われたeワラントデモトレードの機能について、数週間にわたってご紹介しています。今週はeワラントチャートと一括注文についてです。●eワラントチャート(PCのみ) 従来のデモトレードでも別サイトにてご覧いただくことができたeワラントチャートですが、

リニューアルしたデモトレードのご紹介②銘柄選びのツール紹介2018/12/18

 12月10日に大幅なリニューアルが行われたeワラントデモトレードの機能について、数週間にわたってご紹介しています。今週は実際に投資するeワラント銘柄を選ぶ際に用いる機能です。●オプション・チェイン(PC、スマホ) リニューアル前から実装されていた機能ではありますが、

リニューアルしたデモトレードのご紹介①原資産の選び方2018/12/11

 12月10日にeワラントデモトレードがリニューアルされました。取引画面のデザインが大きく変わり、新たな機能も追加されたため、改めてデモトレードの機能について、数週間にわたってご紹介いたします。まずは原資産(eワラントの値動きのモトとなる相場(株価、株価指数、為替等))を選ぶ際に用いる機能です。●プルダウン検索、

「価格が安い=割安」ではありません2018/12/04

 「価格が安い銘柄は割安なの?」という質問をいただくことがあります。eワラントの銘柄を見てみると対象原資産が同じでも価格が高いものと価格が低いものがあることが分かります。特に日経平均や米ドルを対象としたコール・プットは多数の銘柄を取り揃えているので、どの銘柄を選べばよいか悩んでしまうこともあるでしょう。 

PCレシオがピークアウト!年末は株高か?2018/11/27

 eワラントHPで公開しているプット・コールレシオは、日本株または日本の株価指数を対象とするeワラントの取引のうちプット型(相場下落時に利益を狙うタイプ)とコール型(相場上昇時に利益を狙うタイプ)のどちらが多く売買されているかを示す指標で、プットの売買代金をコールの売買代金で割った比率として計算されています。そのため、

eワラントの指値注文2018/11/20

 eワラントの売買は指値注文によって行います。指値注文とは「○円以下の価格なら買う」、あるいは「□円以上の価格であれば売る」という上下限を指定する方法で、指定した価格より条件が悪い場合には取引は成立しません。eワラントは市場での取引のような板はなく、提示されている価格で取引に応じます、というマーケット・メイク方式を採用しています。

2018年第2四半期決算の振り返り2018/11/13

 2018年7-9月期を終えて間もなく45日が経とうとしています。14日発表のメガバンクや19日に発表を控える損保などを残し、主要企業の決算が概ね出揃いました。本コラムでも度々触れているように、決算発表や経営に大きな影響を与える情報が公表されると、株価は大きく変動する傾向があります。過去の傾向を知ることは今後の投資活動を考える上で非常に重要です。

イベント時はeワラントで為替投資2018/11/06

 いよいよ本日11月6日、米国では中間選挙が実施されます。中間選挙の結果は米トランプ政権の今後の政策運営に大きな影響を与えることが想定され、大いに注目されるイベントとなっています。このような世界的に注目を集めるイベント時には為替相場が大きく変動する可能性があります。

決算トレードの注意点2018/10/30

 2018年7-9月期決算の発表が本格化しています。決算発表や経営方針の重大な変更などのニュースは投資家心理に影響を与えることもあり、結果によっては当該企業や関連する起業の株価が大きく動くことがあります。 株価が大きく動くときは、損失限定で、レバレッジがかかった投資をすることができるeワラント投資のチャンスでもあります。

コモディティ相場にもeワラントで代替投資2018/10/23

 米トランプ政権が離脱したことにより崩壊の危機にある核合意について、イラン外相はイラン自らの離脱も選択肢に含まれていることを明言しました。来月にも再発動が見込まれている、米国によるイラン産原油への制裁措置に耐えかねて、イランが核再開発に乗り出せば中東情勢の混迷が深まることになりそうです。  

銘柄選びの便利な味方ー比較シミュレーター2018/10/16

  「対象原資産は選んだんだけど、どの銘柄を選べばいいの?」 eワラントを取引するときによくある悩みの1つではないでしょうか。eワラントには対象の原資産が同じでも、満期日や権利価格の違いに応じて複数の銘柄をご用意しております。そしてその局面ごとの値動きの大きさは銘柄によりまちまちです。

少額から注目のテーマ株に分散投資2018/10/09

 株式市場では、特定の業種にとらわれず、政策や社会的ニーズ、技術革新などのテーマ性で銘柄が物色されることがあります。テーマ株とも呼ばれるこれらの銘柄は、そのテーマに関連する材料が話題になることで、大きく株価が上昇することがあります。特に、将来的に成長が期待できる新技術に関するテーマ株であれば、

銘柄選びの手順⑥イベントで大変動を予測するなら2018/10/02

 「eワラントの取引をしてみたいけれど、どんな銘柄を選べばいいかわからない」という方向けに、今週から数週間にわたって銘柄選びの基本的な考え方及び銘柄選びの参考となるページやツールについてご紹介しています。今回が最終回です。 

銘柄選びの手順⑤イベント時のハイリスク・ハイリターン戦略2018/09/25

 「eワラントの取引をしてみたいけれど、どんな銘柄を選べばいいかわからない」という方向けに、今週から数週間にわたって銘柄選びの基本的な考え方及び銘柄選びの参考となるページやツールについてご紹介しています。 今回は前々回ご紹介したeワラント投資に有利なタイミングのうち、

銘柄選びの手順④トレンド発生時の投資戦略2018/09/18

 「eワラントの取引をしてみたいけれど、どんな銘柄を選べばいいかわからない」という方向けに、今週から数週間にわたって銘柄選びの基本的な考え方及び銘柄選びの参考となるページやツールについてご紹介しています。 今回は前回ご紹介したeワラント投資に有利なタイミングのうち、

銘柄選びの手順③投資するタイミングを見定める2018/09/11

 「eワラントの取引をしてみたいけれど、どんな銘柄を選べばいいかわからない」という方向けに、今週から数週間にわたって銘柄選びの基本的な考え方及び銘柄選びの参考となるページやツールについてご紹介しています。 前回までの手順で、

銘柄選びの手順②相場の騰落を予想する2018/09/04

 「eワラントの取引をしてみたいけれど、どんな銘柄を選べばいいかわからない」という方向けに、今週から数週間にわかって銘柄選びの基本的な考え方及び銘柄選びの参考となるページやツールについてご紹介しています。 前回の手順でeワラントの対象となる相場(対象原資産)を選んだら、

銘柄選びの手順①対象原資産を決める2018/08/28

 「eワラントの取引をしてみたいけれど、どんな銘柄を選べばいいかわからない」という方向けに、今週から数週間にわかって銘柄選びの基本的な考え方及び銘柄選びの参考となるページやツールについてご紹介します。 eワラントは対象となる相場の値動きに応じて価値が変動する金融商品です。そのため、銘柄選びにおいて最も重要になるのは、