eワラントランキングで材料の見落としを防ぐ 2016/10/19



 日経平均は日銀の買い支えの影響もあり7月からレンジ内での相場が続いていますが、個別に物色をしてみると高値を更新している銘柄もあります。今回に限らず、理由が分からないけれど大きく動いている銘柄があって、あれあれ?と思って後で調べてみると自分が気付いていなかったニュースが出ていた、という経験はキャリアの長い投資家の方なら一度や二度はあるのではないでしょうか?株式などの原資産の価格が上昇するのは買いたいという投資家が多いためであり、そこには見落としている材料があるのかもしれません。

 見落としている材料が長期にわたるものでしたら大相場になる可能性があります。そのような材料を見落とさないためにストップ高・ストップ安銘柄、年初来高値・安値更新銘柄、値上がり・値下がりランキングを証券会社のホームページでチェックしたり、情報を発信しているSNSアカウントをフォローするなどして、どの資産が、どのセクターが、どの企業が動いているのかチェックするのも有効でしょう。

 eワラントホームページでも、eワラント投資家に買われている銘柄のランキング(売れ筋ランキング)や換金売りされている銘柄のランキング(買取りランキング)が取引時間中はリアルタイムで更新されています(https://www.ewarrant.co.jp/ranking/)。

 売れ筋ランキングを見る際には、例えばコールやプラス5倍トラッカーが売れ筋ランキングに入っていれば強気の見通しですが、相場状況によって順張りなのかリバウンド狙いなのかを見極めることが重要なポイントとなります。また、レバレッジが高い・満期日までの期間が短い場合は短期の急騰狙い、レバレッジが低い・満期日までの期間が長い場合は中長期の相場上昇を見込んでいる、ということも読み取れるでしょう。

 買取りランキングを見る際にはどうしてこの銘柄が売られているのか考えてみましょう。投げの売りなのか、利益確定の売りなのか、満期日までどれくらいの期間が残っているかを見てみると何か気がつくことがあるかもしれません。

自分が強気でコールの買付を考えているときに、他の投資家の多くがプットを買付けている場合は「どうして弱気に見ている人が多いのか」と考えるきっかけにもなりますし、個別株を対象にした銘柄上位に出ている場合は何かしら材料が出ていないかニュースを検索をしてみるといいかもしれません。あまり見慣れない海外の株価やコモディティの取引が活況であれば海外で見落としている材料があるのかもしれません。

(eワラント証券 投資情報室次長 多田 幸大)
* 本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本情報に基づいて被ったいかなる損害についても、eワラント証券は一切責任を負いません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。