本日のトレードインディケーター2017/04/21

eワラント証券投資情報室では独自アルゴリズムによる投資情報を無料提供しています。※2017年4月24日の更新分より掲載サイトアドレス(URL)を次の通り変更させていただきます。お手数ですが、お気に入りやブックマークに登録されている方はご変更をお願いいたします。新URL:

「eワラント」商品ガイド(2016年1月版)2016/01/04

eワラントの商品設計や価格変動要因など「eワラントについてもっと深く知りたい。」という投資家の皆さま向けの解説書です。eワラント投資にお役立ていただければ幸いです。なお、商品ガイドの記載事項はすべて2016年1月時点のものです。「eワラント」商品ガイド(2016年1月版)

調査レポート:「Mスコアモデルを用いた利益マネジメントの可能性の推定と東芝の不正会計問題への当てはめ(2015年版)」2015/10/28

企業会計の適正性が株式市場の大きな話題となっていますが、本レポートで紹介されている「Mスコアモデル」を用いると、企業会計における利益マネジメントの可能性を数値化することができます。 本レポートでは、まず日本の株式市場の「Mスコア」に関して調査を行いました。そして、Mスコアと株価リターンとの関係を調べたところ、

調査レポート:インディケーター「プット・コールレシオによる株式リターンの予測可能性」2015/06/15

日本の株式市場においては海外投資家の売買シェアが高いことから海外投資家の売買動向と株式リターンに正の相関が見られ、海外投資家の売買動向を知るこによって、ある程度株式リターンの変動について予測することが可能と考えられます。しかしながら、取引所の公開データには即時性がないため実際に投資運用に活かすのは難しいともいえます。

調査レポート:インディケーター「ヒンデンブルグオーメン」2015/05/13

「ヒンデンブルグオーメン」は米国市場の株価暴落を予兆するシグナルとして、Jim Miekkaが考案しました。ヒンデンブルグオーメンはしきい値とする条件値によってシグナル点灯の有無は異なりますが、eワラント証券株式会社投資情報室では株式投資に対する総合的な有意性から独自に定義しています。ヒンデンブルオーメンが点灯した場合は、

調査レポート:「Mスコアモデルを用いた利益マネジメントの可能性の推定(2014年版)」2014/10/09

本レポートにおいて利益マネジメントとは、企業が一般的に認められた会計処理や表示方法の範囲内で財務諸表上の業績を「積極的でアグレッシブ」に変更するなどして報告利益の調整を行うことです。「Mスコアモデル」を用いると、企業会計における利益マネジメントの可能性を数値化することができます。

調査レポート:インディケーター「SAM-JCI」2014/04/22

SAM-JCI (Systematic Active Multifactor - Japan Composite Indicator) はファンダメンタルズ、景況感、金融緩和という三つの要素を考慮する上、日本株市場(TOPIX)の中期的な方向を「買い」、「売り」、「ニュートラル」というシグナルで示します。1~2 ヵ月の売買の参考となるインディケーターです。SAM-JCI が「買い」を示した場合は、当日中に新規買い、売りポジションの解消、

調査レポート:インディケーター「DOIモデル」2014/04/22

DOI モデルは土居雅紹氏の 10 年来の個人的な研究成果に基づいて開発された投資タイミングモデルで、Dynamic Opportunity Identifier と発案者の名前から命名されたものです。『勝ち抜けサバイバル投資術』(土居雅紹著、実業乃日本社)で紹介されている土居氏が独自理論に基づき提唱する3つの投資手法のうちの一つであり、

調査レポート:インディケーター「OND-STI」2014/04/22

OND-STI(Optimized Numerical Data - Short Term Indicator、OND 短期インディケーター)は、株式市場の需給や各種ビッグデータ等に着目し、日本株市場(TOPIX)について買い又は売りのシグナルを出すインディケーターであり、当日~数週間の売買に参考となるインディケーターです。OND-STI が「買い」を示した場合は、当日中に新規買い、売りポジションの解消、

調査レポート:「Mスコアモデルを用いた利益マネジメントの可能性の推定」2013/08/20

本レポートにおいて利益マネジメントとは、企業が一般的に認められた会計処理や表示方法の範囲内で財務諸表上の業績を「積極的でアグレッシブ」に変更するなどして報告利益の調整を行うことです。「Mスコアモデル」を用いると、企業会計における利益マネジメントの可能性を数値化することができます。

調査レポート:「中国のシャドーバンキング問題とバブル崩壊のタイミング―Googleトレンドを用いた投資分析―」2013/07/26

調査レポートのPDFファイルは以下をご参照ください。「中国のシャドーバンキング問題とバブル崩壊のタイミング―Googleトレンドを用いた投資分析―」商号等/eワラント証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号